NEWS

RADSONE 24bitデュアルDAC搭載aptX HD対応フルバランスワイヤレスアンプ
【EarStudio】取り扱いの開始のお知らせ

RADSONE 24bitデュアルDAC搭載aptX HD対応フルバランスワイヤレスアンプ【EarStudio】取り扱いの開始のお知らせ

フリーウェイ株式会社(代表取締役社長 小川正敬、本社:東京都)は、取扱いベンダーであります、RADSONE社(本社:韓国)の24bitデュアルDAC搭載、apt HDに対応、バランス接続可能、ワイヤレスアンプ「EarStudio」の取扱いを開始し、2018年1月23日より株式会社ワンモアが運営する国内クラウドファンディング「GREENFUNDING」にて出展を開始致しました。

概要

EarStudio(イヤースタジオ)はイヤホン・ヘッドホンで、24bitハイレゾサウンドをワイヤレスで楽しめる、ワイヤレスヘッドホンアンプです。Qualcomm aptX HDコーデックサポートで、ワイヤレスながらも最大48kHz/24bitのハイレゾ相当で伝送可能。さらに、独自技術により、aptX HDコーデック以外のSBC,aptX,AACなどの音源もハイレゾ級24bitにアップコンバートします。2.5mmフルバランス出力にも対応。どんなイヤホン・ヘッドホンもパワフルに駆動します。重量は単3形電池よりも軽い20gながら、14時間の連続再生が可能。長時間のリスニングをサポートします。

有線イヤホン、ヘッドホンでワイヤレスを楽しめます。

概要

EarStudioは、Bluetoothレシーバーとして機能します。お手持ちのイヤホン・ヘッドホンを接続するだけで、ワイヤレスで使えます。また、2.5mm4極ジャックにも対応。高級イヤホン・ヘッドホンも力強く駆動します。

スタジオ品質の24bitサウンド

有線イヤホン、ヘッドホンでワイヤレスを楽しめます。

Bluetoothでハイレゾ相当の音質を実現するQualcomm aptX HDコーデックをサポート。スタジオ品質の24bitサウンドを、ワイヤレスでも楽しむことができます。また、aptX HD以外の音源も、独自技術であるDCTで、ハイレゾ級88.2KHz/24bitにアップコンバートします。

DCT

概要

DTC(Distinctive Clear Technology)は、RADSONEの特許技術で、デジタル音源の微妙なノイズを削減し、ジッターを除去します。この技術は、ワイヤレス機器やスマートフォン用音楽再生アプリに採用され、高い評価を得ています。

Dual DAC搭載フルバランス出力に対応

Dual DAC搭載フルバランス出力に対応

CSR 8675 Qualcomm Chipと2つのDAC (Asahi Kasei AK4375a)を搭載しています。RADSONE独自のDualDriveテクノロジーにより、Hi-Fi DACとアンプを独立して駆動。2.5mmフルバランス出力に対応し、どんなイヤホン・ヘッドホンもパワフルで、クリアなステレオサウンドが楽しめます。

Dual DAC搭載フルバランス出力に対応

また、各ジャックの出力を選択することが可能で、ハイインピーダンスのイヤホン・ヘッドホンでも使用できます。

約14時間連続再生

約14時間連続再生

EarStudioは350mAhのバッテリーを搭載しており、約14時間の連続再生を可能します。一般的なBluetoothイヤホンやレシーバーは、10時間以下です。重量はわずか約20g。通常の単三電池(24g)よりも軽量です。

主な仕様

主な仕様

注)デザイン、仕様は予告なく変更する場合があります。また、Bluetoothによる接続は、全てのデバイス、環境、条件で動作保証するものではありません。

取り扱い

「GREENFUNDING」で取り扱い中

GREENFUNDING